塗装工事で失敗しないために


業者の質を見極めるのは簡単なことではありません。以下に信頼できる業者を選ぶためのチェックポイントをまとめてみましたので、是非参考にしてください。

 

しっかりと事前準備を行う業者か?
工事前にしっかりと現場調査を行う業者を選びましょう。当たり前のことの様に思いますが、中には電話だけで契約を迫る業者もいます。現場調査で建物の状況をチェックするのはもちろんのこと、建物が置かれている環境(日当りや湿気など)も確認した上で最適な塗料を選び、状況に応じた施工を行う必要があります。事前の調査に手を抜く業者は見積書もいい加減で、すぐに塗料が剥がれるなど後々追加費用がかかる原因となります。

見積もりに塗料の種類を明記しているか?
塗料にはたくさんの種類があります。メーカーもたくさんあれば、その中でもグレード別にたくさんの種類が存在します。しかし、一般の方が安価な塗料か高品質な塗料かを見分けるのは難しいと思いますので、どこのメーカーの塗料でどんな種類の塗料かを明確に提示する業者を選ぶ様にしましょう。カタログを見せてもらい、耐久性や耐水性の説明をしてもらうと良いでしょう。

見積もりに足場代を明記しているか?
丁寧な工事をするためにも足場は必要不可欠です。(中には足場の不要な家もあります)
安く仕上げるために足場を掛けずに工事する業者は、それだけ雑な工事をする恐れがあります。足場の相場は15~25万円と言われる中、30万円以上の見積もりを提示する業者は注意が必要です。また、「足場代サービス」や「足場代半額」などをしっかりとした理由も無くうたっている場合は、他の項目に上乗せしている可能性がありますので、金額をしっかりチェックしましょう。

信頼できる営業マンか?
見極めのポイントは、「お客様の立場に立って話をしているかどうか」。
さらに、
・質問に対して親身になって受け答えをしてくれる人
・分からないことがあれば調べてくれて、最善の塗料・方法を考えてくれる人
このような営業マンと出会えれば幸運です。
「契約が取れればいい」と思っている営業マンと、「親身になって最前の策を考える」営業マンでは、契約後の対応に大きな違いがあります。話し方や話の内容などをしっかりチェックして、信頼できる営業マンかどうかを見極めましょう。

その場で契約しようとしていないか?
安いからといって、すぐに契約してはいけません。業者の質や工事の内容、工事後のサポートなど総合的に判断するためにも相見積もりを取って、じっくりと比較してください。強引な契約に乗らないようにしましょう。

保証、アフターケアをどこまで行ってくれるのか?を確認。
塗装工事は終わってからが大事です。工事をやってしまえばおしまいではありません。どんなに丁寧な工事をしても、年月が経てば色あせや汚れが出てきてしまうもの。紫外線や風雨から住まいを守る外壁ですから、劣化して当たり前のことです。だからこそ、アフターメンテナンスが欠かせません。保証の年数や保証の箇所など、納得いくまで保証内容の確認を行いましょう。

会社の所在地がはっきりしているか?所在地を確認する
「数年後に電話をかけたら繋がらなかった」「既に移転しており所在が分からない」などよくある話です。またネットで全国展開している塗装専門サイトなども、各地域の下請け業者に依頼している場合が多く、どこの業者が工事をするのか分からないため注意が必要です。
一番良いのは創業年数が長く、地元に密着した業者を選ぶことです。現在ではインターネットで簡単に調べることができますので、見積もりを依頼する際には創業年数もチェックしておきましょう。

価格だけで決めていないか?内容をしっかり確認すること
塗装を考える時、大抵の方が「価格」を重視しているのではないでしょうか。まとまった費用が必要になりますので当然のことだと思います。しかし、本当に価格だけで業者を決めてしまって良いのでしょうか?塗装業者も様々です。信頼できる営業マン(業者)であるか、見積もりの内容に不備がないか、アフターサービスはどうなのか等、総合的に判断しましょう。

相見積もりをしっかりとりましょう
比較することは大変重要です。見積書で業者の質が浮き彫りになると言っても過言ではありません。複数から見積もりを取ることで費用の相場を知ることが出来ますし、塗料の種類や保証など中身を比較することが出来ます。また割引をしている見積書は、なぜ安価に提供できるのか根拠を説明してもらう様にしましょう。